3Dプリント、CNC削りだし、注型などいろいろなモック試作方法あるのに、
なんで簡易金型でモックを作りますか?


製品開発の初期、意匠設計の段階で3DプリントやCNC削りだしで作ったモックで外観確認や機構設計の検証などできますが、その次に材料の選定、パーツの強度、インジェクション成形時の樹脂流動性、成形生産の安定性などの検証が必要となります。そういう場合、通常の3Dプリント、CNC削りだし、注型で作ったモックで検証するのは無理です。簡易金型で作ったモックは本当の成形品なので量産前のすべての事前確認事項は検証することが可能です。

我々の強み:
〇10年間以上簡易金型と成形加工の仕事をしていまして我々のよく訓練された金型製作チームは豊富な技術経験があり、金型精密加工設備が揃って高精度の簡易金型は作れます
〇華威の簡易金型で作った成形品の精度は量産品と同じレベルなので開発段階のすべての事前確認項目の検証はできます。
〇華威の簡易金型の寿命は5万ショット以上になりますので小ロット生産にも活用できます。
〇華威の簡易金型はローコスト、短納期、精度が高いというメリットがあります。
〇華威は製品設計開発のアシスタントのサービスも提供しています。
モック加工方法の選択や材質の選択などお客先に付加価値のある提案をすることが可能です。
またはお客先の成形開発の仕事をお手伝いすることも可能です。



簡易金型或いは試作金型の種類と応用

華威の簡易金型で成形したモック試作品の精度は量産と同レベルなので設計検証および開発後期の各事前確認項目の検証もできますし、小ロット成形生産もできます簡易金型は用途から試作金型と小ロット生産金型に分けられています。

1、成形テスト用簡易金型
簡易金型で成形したモック試作品は製品開発段階の事前確認項目をすべて確認及び検証が
できます。

‐材料の性能テストと検証
それぞれ違い成形材料でトライして材料の樹脂流動性、成形安定性、成形条件などをテストしましてそのテスト報告は正式量産時の材料選定に重要な判断材料となります。

‐機構設計と量産安定性などの検証
華威の成形試作品は量産成形品と同じ精度になりますし、簡易金型の加工条件も量産と同じなので製品設計の全面的な検証をできます、例えば設計上問題があるのか?金型うまく抜けるか?金型の製造コストおよび成形コストなど。または簡易金型成形試作によって量産時どのような問題が発生するかもシミュレーションができます。



2、小ロット生産用簡易金型
華威の簡易金型はローコスト、短納期、高精度のメリットがあります。
量産成形金型と比べて
製造時間は製品によって50%から80%の時間は短縮できます、生産コストは製品によって量産型の半分や三分の一ほど安くなります。ですから生産数量が少ないお仕事の場合や量産前の小ロット生産する場合、量産金型より簡易金型のほうは大きいなメリットがあります。

 

News+more